ブログ

2020年1月26日

お正月で余ったお餅の消費方法!

こんにちは!

エミシア訪問看護ステーションです。

1月も終わりに近づいている今日この頃ですが、

“お餅が余って”しまっています。

利用者さんの中には嚥下が上手くいかなくて、

お餅が喉に詰まる危険性がある為、

お餅を食べられない方もいらっしゃるのですが、

そういった方ばかりでなく元気にお食事をされて、

特に女性の方で料理上手な方もいらっしゃるので、

余ったお餅の消費方法を聞いてみました♪

①お好み焼きに入れる&もんじゃ焼きに入れる

お店ではよくトッピングのネタにありますけれど、

あまり家でお好み焼きを作るときに

お餅を入れるという発想がなかったので、

これは目から鱗でした!

確かに、「明太もちチーズ」なんてメニューがあるぐらい、

お餅はお好み焼き屋もんじゃ焼きで定番になっていますよね!

②餃子・春巻きの具にしてしまう

大葉や、海苔と一緒に包んで、

焼いたり油で揚げたりして食べるとおいしいそうです!

大葉と一緒に食べるのは、

さっぱりしていておいしそうですね!

③チーズと一緒にベーコンで巻いて焼く

チーズと合わせることで、トロトロモチモチの食感が、

ベーコンのうまみと塩味で上手くまとまってこれもおいしそう!

④グラタンの具にしてしまう

マカロニやジャガイモの代わりに、

お餅を具として使うと、これもチーズのトロトロ感と、

お餅のモチモチ感でおいしく楽しめるそうです!

⑤サイコロ状に切って揚げておかきに

揚げてしまうことでカリカリのおかきにできるので、

それに塩を振ったり醤油をつけたりしておやつにしているそう。

・・・と、聞いてきた案を5つほど書き出してみました!

利用者さんとの関係が深くなる訪問看護だからこそ、

出来るコミュニケーションで生活も豊かになりますね♪

PAGE TOP