ブログ

2020年2月5日

不安なこと

こんにちは!

エミシア訪問看護ステーションです。

訪問看護と聞いたとき、

ある程度の看護経験がある方の中には、

“難しいイメージがある”

と思っている方がいるということを耳にしましたので、

それについて私の考えを書いていきます。

訪問看護の難しいイメージ・・・

そのイメージはやはり

“一人で全て対応しなくてはならない”

という思い込みから来ているのではないかと思います。

病院では、

先輩看護師や医師など、

困ったときにすぐに助けてくれる人たちがいます。

しかし訪問看護となると、

場所は利用者さんのお宅。

一人で医療行為を施します。

何かあったときに自分だけで対応できるのか?

という不安がありますよね。

でも大丈夫。

何かあっても、

エミシアでは先輩看護師や仲間に連絡をすれば、

すぐに一緒になって対応します。

私も訪問看護を始めた時は

同じ不安がありましたが、

困ったときはみなさんが助けてくれました。

たとえば、

利用者さんの容態が急変したときや、

経験のない疾患の患者さんを担当したときは、

一人で対応出来るだろうか、という不安が大きいです。

もちろん、

緊急時も落ち着いて対応できるように

トレーニングや勉強などをしていきますが、

それでも、いざとなると、

トレーニング通りにはいかないこともあります。

でも、もし実際に困ったら、

すぐに主治医や他のスタッフ、所長に連絡をすれば、

指示を仰ぐことができます。

訪問看護で利用者さんのお宅に伺うのは一人ですが、

だからといってそこで起きたことを

すべて自分ひとりの責任と背負い込む必要はありません。

困ったときはチームワークで、みんなで乗り切っていくんです。

最初は不安のを感じる方もいるのが現実ですが、

実際にやってみたら心配したほどでもなかったという声や、

仕事内容が面白かったという声を私自身よく耳にします。

訪問看護に興味はあるけれど、

いろいろな不安が理由で一歩踏み出せないという方の、

背中を押せていればうれしいです^^

PAGE TOP