ブログ

2020年2月18日

境界線はいらない

こんにちは!

エミシア訪問看護ステーションです。

今日も利用者さんのお宅へ訪問し、

身の回りのお世話から医療的なアドバイスなど、

笑顔でお仕事が出来ました^^

そこで、

また今日も利用者さんから嬉しいお言葉を頂きました。

それは

「よくやってくれるねぇ^^」

のお言葉。

どうしてそんなことを

改めて言ってくださったのかは聞きませんでしたけれど、

私が一つ気づいたことがあります。

それは、仕事という境界線をひかないこと。

訪問看護はもちろん、

利用者さんのお宅へ

“お仕事”というかたちで訪問させていただきます。

でも私はそこでお仕事だからといって、

いろんな境界線をひくことはありません。

たとえば、

私の場合は、

『主治医に言われたこと』

以外のことも、やるようにしています。

利用者さんのお宅の様子を見て、

より安全で快適に暮らしていただけるように、

家具の配置の変更の提案もします。

また、医療や看護が効果的に行なえるように、

利用者さんの習慣を聞いて、

変えたほうが良ければ提案をして、

習慣を変えていただくこともあります。

このお仕事は、

利用者さんがより良い暮らしを送ることが出来るよう

様々なサポートを行なっていくものです。

ですからそこで

「それは私の仕事ではないので・・・」

と境界線を引いては、本来の目的が果たせません。

ですが、

「仕事は仕事」

と割り切っているステーションもあるようです。

そうすると、

利用者さんと長いお付き合いをしていくうえで、

利用者さんのストレスになってしまいます。

エミシアはそれとは違うため、

私はエミシアのやり方が好きですし、

自分の仕事に誇りを持てます。

そうして利用者さんの生活を

より良いものにしていくことに

焦点を当てているから、

喜ばれ、信頼していただけるんだなぁと感じました^^

PAGE TOP